Top

In my life.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
・君と好きな人が百年続きますように。
e0034950_128347.jpg

e0034950_128353.jpg

e0034950_128326.jpg

e0034950_128352.jpg

e0034950_128371.jpg




あけましておめでとうございます。


生田神社に初詣。
初みくじは大吉。
神社前で基督教。
喧嘩を売ってる。

こんな人混み金沢では見ない。
ぁあルミナリエを思い出した。

いつも願う事は一つ。
どんな時もひたすら。
どの寺社に行っても。






仙豆があるはずですよね?

ぼくは彼らに訊く。
あなた方がいるという事は、この世界に仙豆は存在するはずですよね。
彼らはそれを認める。探しに行くのかい?彼らは私に訊く。
はい。彼女は私たちの代わりに、私ができなかった奴らと戦ってくれました。その彼女がその怪我で独りだけ留年してしまうなんて、留年させてしまうなんて、できません。
だから、と私は言う。

…………

こっちだよ。

私は逃げていた。砂漠に茂る森。その境を追われていた。私を見下ろし追い詰めるのは何か、その場所の主と言うのか、果たして。必死で走り、角を曲がる。
そんな時、通りすがりのおばちゃんが私を呼ぶ。こっちだよ。私は導かれるままにその路地へ入る。そこに在ったのは学校の校舎。中学を思い出す。廊下に飛び込み、自然に右へ。左を見もしない。白いコックとすれ違う。すぐさま行き止まり いや、 シャッターが半分開いて階段がある。左右どちらともが上へのびる、物理的に有り得ない矛盾した階段。続かないはずのそれを上った先は別世界。そこはデパートの地下通路。

戻った。私は逃げ延びた。



って感じの夢を見た。記録。
さて、初夢は何を見るだろうか。
[PR]
by n-shunzo | 2006-01-02 01:28 | 携帯