Top

In my life.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:思考( 37 )
無題
産みの苦しみ、という言葉がある。

いま感じている苦しみは、何かを産み出そうとするがための、
痛みなのか。

果たしてこの苦しみには意味が在るのか。
この悲しみには結果があるのか。

そんなものを考えている時点で、
きっとないんだろうけど。


別に報われたい訳では無いけど、
なんとかなれば、より良いなと思う。
[PR]
by n-shunzo | 2010-08-13 01:01 | 思考
ぎゃー
…ぅぅ…
[PR]
by n-shunzo | 2006-09-06 18:15 | 思考
ま、
ゆっくりしよう。





絵本の課題で物語一つ書いた…ら、
3000字を越えて悩んでる。
あきらかに長い…めんどくさい…あぁめんどくさい。
そんなに文字あったらもはや絵本じゃねェYO。
[PR]
by n-shunzo | 2006-07-20 03:38 | 思考
と、いうわけで、

ふぇいどあうと中。

ここも閉めて新しくどっかに作ろうかな。
と今は考えてる。
いつまでも停まってるわけにゃいかん。
二十歳へ向けてれっつごー
[PR]
by n-shunzo | 2006-07-16 21:46 | 思考
・容赦ない。


でも本当に容赦ないのは、世界じゃなく私たちだ。
[PR]
by n-shunzo | 2006-04-15 15:40 | 思考
・しばらくは

こっちにいようと思う。





http://www.ansible.jp/dcax01.html

「世界はあらゆる道具を否定し始めた」ってのが良いよね。
西島体験を勧めてみました。

http://www.simasima.jp/





「 ぁ、 」

誰か一人でもそう気付いてしまった時、
何かが(あるいは人間が)滅びる程の謎。
そんなものが在るんじゃないかと思った。
ぼくらは誰もが常にそれを探していて。
脳のブラックボックスは全てそれに占められてて。

解いてしまっては、
いやそれがそもそも何かという事に気付いてしまうだけでも、
きっといけなくて。
それはあたかも食べてはいけない林檎のように。
そして追われても、王子様のキスは無い。

悟るというのは諦める事だとも言えると思ってた。
世界を諦める事じゃないかと。
そうじゃなかった。きっとそうじゃない。
謎を諦めるんだ。
解いてはいけない事を知り、それを求める事を止める事ができた状態。
それを「悟った」というのではないだろうか。

人は謎を見捨てた時、恐らくそれ以外の全てが見えるのではないか。
何せアダム以降は誰も解けていないだろう謎をずっと考えていた頭だ。
すごく賢くなってるんだろう。
謎に比べれば、世界なんてきっとあまりに簡単で。退屈で。
思わず人に諭せてしまうくらいに、見え方が変わるんじゃないか。

こんな事をぼくはアメリカはニューヨークで、
様々な動物の剥製や骨に囲まれながら考えてた。
考えてた、というのは正確じゃないかもしれない。
考えずにはいられなかった、いや、頭がただ勝手に回っていた。
そんな感覚。
そんな事が知りたい訳でもそんな風に思いたい訳でもなかったけど、
勝手にぼくの頭は目の前が見えなくなる程に働き急かし疲れ、
それでも休ませずそれを形にしようと頑張っていた。


ま、正しくないのは間違いないし、間違っているかどうかすら誰も正す事はできない。
そんな「謎」の思考でした。
[PR]
by n-shunzo | 2006-04-10 18:05 | 思考
・ただいまー!

ただいまただいまただいまー!
to あみてィさんロッチゃさん斎藤さんー。





得るものはあった。

特に、
自然史博物館では倒れそうになるくらいの発想を、
メトロポリタンでは目眩を惹き起すくらいの情景を。

だって目に入る全てが飛んでるんだぜ。
あぁ、ゴッホさんこんにちは やぁモネさん今日も綺麗だね とくらぁ。

しかし博物館で考え込んだ「謎」の思考は面白かった。
今しんどいからまた今度書くけど。さ。






e0034950_1371886.gif


これを「やっつけ仕事」という。良い子は真似しないように。
[PR]
by n-shunzo | 2006-04-10 01:36 | 思考
・ブログ

というのはヒロさんの言う通り確かに孤独を感じるかもしれない。
やっぱり見てもらっているかどうか解り難いし、
誰が見てるかも把握し辛い。
TSだとある程度把握できる(様な気もする)けど、
此処はあまりにオープンだ。
まぁ別に良いんやけどさ。





「此処に入るものに安らぎを
 此処から出るものに幸せを」

何処だったか忘れてしまったけど、
こんな感じの文を門に書いてる病院が在るらしい外国に。


「此処で過ごすものに対話を
 此処を去るものに充実を」
かな、TSの場合私が考えるに。

これTSにいる人・いた人皆に考えてみて欲しいなぁ。
私ももうすぐ(まだ半年くらいあるけど)teenじゃなくなるし。


という事で、どうぞ考えてみてください、これ見てる方々様々。
[PR]
by n-shunzo | 2006-02-23 03:48 | 思考
・もはや





ちと きつい。かも。
色々。
ぁ、色はまた今度。
[PR]
by n-shunzo | 2006-02-07 03:26 | 思考
・深澤直人

万歳。


佐藤卓も中島信也も中島浩二郎も佐藤可士和も土佐信道もすごい良かったけど。
私的には深澤直人が一番良かったす。
すっかり俄ファンです。
明和電気の俄ファンでもありますが、
それ以上に深澤直人の俄ファンです。
(敬称略しました)





小津安二郎の言葉から。

何でもないことは流行に従う。
重大なことは道徳に従う。
芸術のことは自分に従う。


流行はデザインの後に発生する。
流行?社会現象?パクリ?
機能は流行?
道徳とは人の心理に逆らわないこと。
デザインの道徳的危機。
モラルが無くなるとデザインの基準が無くなる。
道徳も高まると芸術になる。
事実を美しく装う事をデザインと間違えている。
道徳と芸術には共通点が在る。
日常において秩序から外れている体験。
ある一線を超えた瞬間。
ルールは人間の営みに逆らわないもののはず。
だだっ広い何も無い場所に一本杭を打つだけで人の動きは変わる。
気の乗らない案は出さない。
一着しか無い服屋。
一味しか無いラーメン屋。
対話はナチュラルではない。
「普通」
当たり前というのはある意味感激。
普通こそが過激、私もそう思ってたと言わせたい。
できなかった事を露出する、「本当はやりたかったんですけど」。
作家と同調すると外れる。
デザインの生き死に。使われる事で生きるなら。
前提の提示。
筆をあげるタイミング。
何が目を引きつけるのか。何が面白かったのか。
同時に体験した事が無いもの。
日常を崩さない。
自分をできるだけ無に。我を出さない。
デザインは多発的。アートは自発的。
アートは完成形、デザインは過程。
デザインは自らを主張しない。
本来アートは世界を動かすべきもの。
引き算ではない。全てを内包している。


メモった言葉たち、そのひとつずつで一日ずつ十分な日記が書ける程、
その意味は大きい。


e0034950_23171464.jpg
e0034950_2317218.jpg
e0034950_23172715.jpg
e0034950_23173541.jpg
e0034950_2317412.jpg

[PR]
by n-shunzo | 2006-01-29 23:20 | 思考